薬剤師転職-治験コーディネーター(CRC)

薬剤師が活躍する職場は本当にさまざまです。とくに近年、薬剤師の就職・転職先はますます多様化し、薬剤師のみなさんは多岐に渡る選択肢の中から収入・適正・やりがいなど、様々な視点からより自分にマッチした転職先を選ぶ事ができるようになりましたね。とくに治験コーディネーター(CRC)は、収入・やりがい共に期待できる職業として近年注目をあつめています。

実は、治験コーディネーター(CRC)になるために、薬剤師の資格は必要ありません。薬剤師以外にも、何か特別な資格が必要とされる職業では無いのです。にも関わらず、多くの薬剤師の皆さんが治験コーディネーター(CRC)として新たなスタートを切っているという事実もあるのです。

どのような背景から、薬剤師の皆さんは治験コーディネーター(CRC)を目指し、そして採用されているのでしょうか?それには、治験コーディネーター(CRC)の業務内容が関わっているようです。

治験コーディネーター(CRC)が活躍しているのは、新薬の開発に置ける臨床実験-治験-の現場です。治験では、開発された新薬を健康な人間が服用し、その効果や安全性がチェックされます。

そこには治験に参加する患者さんや医師、スタッフ、製薬会社など様々な立場の方々が携わっており、それぞれの間を取り持ち潤滑な治験実施を促す重要なポジションが治験コーディネーター(CRC)なのです。

もちろん治験ですので、取り扱うのは新薬、つまり薬剤です。この薬剤に対する知識やスキルが豊富な薬剤師は、治験コーディネーター(CRC)として優れた人材になるのです。新薬の開発に携わるやりがいと、必要なキャリア・知識を持った人材としての需要がマッチし、薬剤師による治験コーディネーター(CRC)への転職が増える現状に繋がっているのでは無いでしょうか。

また薬剤師にとっては、収入面が比較的優遇されている点もメリットになっているとも考えられます。収入アップとやりがいを求める薬剤師の方向きの転職先といえるでしょう。


認定薬剤師の資格取得で優位な転職を目指す

薬剤師の資格については、もはや誰もがご存知なのではないでしょうか。では、「認定薬剤師」という資格の存在はどうでしょう?転職率の高いとされる薬剤師の就職事情ですので、求人数も多くその分「薬剤師の資格」を持っていればある程度求職に困り果てることはありません。

ですが、「薬剤師としてのキャリアを積み自己の価値を高めたい!」という向上心の高い薬剤師の方にとって、この「認定薬剤師」の資格取得は非常に重要なステップなのです。

この「認定薬剤師」の資格は、平成16年に誕生した新しい制度でもあるため確かにその知名度は高くはありません。「認定薬剤師」とは、ある医療分野に特化した薬学知識やスキル・キャリアを持つ薬剤師であるという事を客観的に認定する資格です。

そのため患者さんや医師(医療従事者)から、「信頼できる薬剤師だ」といった高い信頼を得る事ができますので、薬剤師本人にとっても患者さんや医師など薬剤師に関わる方々にとってもメリットの大きい資格なのです。

さらに、専門薬剤師としての転職においても有効な資格でもあります。「認定薬剤師」の資格を取得しているという事は、向上心のある熱心な薬剤師である事はもちろん専門的な知識を持っている人材であるというアピールにもなります。専門薬剤師としての活躍を志す薬剤師の方は是非資格取得を目指しましょう。

「認定薬剤師」になるためには、日本薬剤師研修センターの定めた研修を修め認定を受ける必要があります。定められた期間内に研修単位を取得し、また更新の必要な資格でもあるため取得後も定期的な単位取得が求められます。また、上で紹介したような特定分野での薬剤師求人は数があまり多くはありません。

しかし全く求人がないという事ではありませんので、「薬剤師転職支援サイト」などをうまく利用しより多くの求人情報を入手しチャンスをつかんで下さい。「薬剤師転職支援サイト」では、特定の医療分野に特化した求人情報も公開されています。ほとんどのサイトは登録無料で利用可能ですので、ぜひ賢く活用しましょう。